ムラサキフウセンタケ Cortinarius violaceus
8月17日 1996年 富士山 2合目辺り
傘の表面は細かい突起状にものにおおわれていてザラザラしている。 ウラジロモミなどの針葉樹林でみつけたのだが、図鑑などによると、針葉樹林に発生するものは、別種と書いてあるが、外見は、ムラサキフウセンタケだ。最近、富士山でこのキノコを見なくなった。
2006年 9月9日 富士山4合目 
傘はささくれ状の麟片に覆われる。 幼菌時ひだがクモの巣状の膜に覆われてる。
ほぼ10年ぶりに富士山でこのキノコに再会した。 発見し難いキノコである事と10年前と歩く場所や時期が変わった事も一因ではあるが・・・。
 2008年9月 老菌
6月4日 ↓
富士山で見たものと同種かは分かりませんが、近似種です。 ミヤコムラサキフウセンタケ?
縦に切った状態 このキノコなかなか見つかりません。 中央やや下にあります。(拡大)
INDEX